艶グッズご意見のお礼&補足です!

mb04
こんばんは、続きましての梅もじゃです。
艶グッズに関して、たくさんの貴重なご意見をお伝え頂き本当にありがとうございます!
ぜひぜひ参考にさせて頂きますね!(*゚ω゚*)

また「スチル集やノベライズなどが欲しい!」というご意見も多く頂いていたので、先にお伝えしておかなければと思うことがございまして……
【既存のスチルやシナリオを(ほぼ)全てそのまま収録したようなグッズ】は、すぐには実現が難しいのです。(ごめんなさい!)

というのも、ユーザーの皆様は「綺麗なスチルを見たい!」「ストーリーの先がどうなるか気になる!」と楽しんでアプリをプレイされているかと思いますが、アプリ内で使用されているスチルやシナリオを別媒体で出してしまうと、「画集やシナリオブックがあるから、アプリはプレイしなくていいや」となってしまう可能性があるからです。

もちろんボイスやゲームならではの演出やイベントなど、アプリにはアプリならではの魅力が他にもたくさんあるのですが……スチルやシナリオの内容も『艶が~る』のとても大きな要素ですよね。
そのため、アプリの価値を損なってしまいそうなグッズというのは、アプリが配信している間は出すことが難しいのです。(でも可能ならいつかはやりたいと思っています……!)

たくさんご意見をお伝え頂けていること、重ねてお礼申し上げます。
今すぐは難しいものでもタイミングなどで後から可能になるものもあるかと思いますし、ご意見募集には特に期限などは設けておりませんので、お暇な時にでもお気軽にお伝え頂けますと幸いです!ヽ(´▽`*)/

ではでは、グッズについてもぜひ続報をお待ち頂けますと嬉しいです!

そしておまけのミニキャララフを置いておきます|・ω・)ノ

艶が6周年おめでとうございます!&グッズについてご意見募集中

mb04
前回の更新から間が空いてしまいましたが、お久しぶりな梅もじゃです。

お祝いが遅くなってしまいましたが、先日9/8は『艶が~る』が誕生してから6周年だったそうで、本当におめでとうございます~!
現在はAmeba様ではたくさんの恋愛ゲームが配信されていますが、当時は艶が~るが初の恋愛ゲームだったのですね…… 何かすごい……(*゚ω゚*)

そしてもじゃべあも相変わらずドタバタして大変遅れてしまっておりましたが、なるべく早く艶が~るグッズについてもお届けできるようにしていきたいと思います!
以前試作品として作った缶バッチの他にも、以下のようなものを考えております~



そして良ければ皆様のご意見もTwitterなどでお聞かせください!
様々な都合で全てのご要望にお応えすることは難しいのですが、参考にさせて頂ければ幸いです。
また安価で量産することが難しい商品なども、場合によってはクラウドファンディングや受注生産という形で実現することが可能かもしれませんので、是非お声を聞ければと思います。

・普段使いしたいから、さりげないデザインがいいな!
・自分の部屋に飾るから、キャラ絵を大きく出してOK!
・受注生産でスマホケース希望!
 などなど……

Twitterやお問い合わせフォームなどから、お気軽にどうぞ!
ぜひぜひよろしくお願いいたします~!ヽ(´▽`*)/

またまたお詫びとご報告……

もじゃもじゃ

さてさて、毎度のごとくバタバタしてまして、また少し間が開いてしまいました。本当にすみません。皆様ご機嫌いかがでしょうか。チームもじゃべあの雑用係もじゃもじゃです。

 今回は…今回もごめんなさい。少し残念なお知らせと、ちょっと嬉しいお知らせがあります。まずは残念なお知らせからなのですが、現在必死こいてやってます『艶が~るドラマCD 慶喜編』ですが、第三巻以降の発売が延期になってしまいました。大変申し訳ございません! 本来ならこの春に発売予定だったのですが、今のところはっきりとした発売めどが立っておりません。といいますのも、もじゃべあとしては本当にショックなのですが、売り上げが伸び悩んでおります……。

元々数を多く売る計画ではなく、よそ様で言う「最低回収ライン(儲けなし)」くらい出れば十分と思っていたのですが、うーん、びっくりするくらい届いてません…。それでも二巻までは頑張ってみたのですが、結果変わらず…。このままでは継続が難しいと判断し、苦渋の選択として一時的に制作をストップさせていただいております。全巻ご予約いただいた方にご迷惑がかからないよう、慶喜編に関してはどんなに時間が掛かろうと「全四巻+エンドCD」制作まで何とかやり遂げようと思ってはおりますが、制作資金ができるまで少し時間が掛かってしまいそうです。既にお買い求めいただいた皆様、また三巻以降を心待ちにしてくださっている皆様、本当に申し訳ございません。。。

そのようなこともあり、もし今現在購入をご検討いただいている皆様、もしくは本ドラマCDにご興味をお持ちの方々がいらっしゃるようであれば、ぜひ前向きにご購入していただきたく、よろしくお願い申し上げます。決して安い商品ではないかと思いますが、チームもじゃべあが心血注いで制作した一品であると自負しております。

あまりだらだらと書くのもなにかと思いますので、まずは慶喜編第三巻以降の発売が遅れてしまいますこと、チームもじゃべあの代表といたしまして、ここに深くお詫び申し上げます。

 

そして、次に少し嬉しいお話ですが、チームもじゃべあの処女作である『星降る夜のスクリーン』と『執事たちの狂騒曲』が、スマホ対応版としてこの春~夏にかけて順次リリースさせていただくことになりました!!

既にご存知の方もいるかと思いますが『星降る夜のスクリーン』は以前、Almight版として一部のスマホ用に売り切り販売をしてましたが、今回は基本無料(広告モデル)にてAndroidおよびiPhone向けコンテンツとしてリリースいたします。具体的な配信時期や内容につきましては近いうちに専用ページをオープンいたしますので、そちらでご確認ください。

まずは第一弾として『星降る夜のスクリーン』を、その後スマホ版では初となる『執事たちの狂騒曲』をリリース、さらには『星降る夜のスクリーン2 ~聖なる夜の奇跡の星~』、『執事たちの狂騒曲2 ~最高の執事の称号~』と順次リリースさせていただく予定です。しかも、それだけではありません! 各タイトル本編だけではなく、大好評だった追加シナリオや皆さんのご要望が高ければですが、新作の追加シナリオなども現在検討中であります!

多くのファンの方から『星降る夜のスクリーン』や『執事たちの狂騒曲』のスマホ版開発のご要望があり、ドラマCDを制作する傍ら一生懸命頑張ってきました。ブログの間が開いたりするのもそのせいだったりします…(;´▽`A“

 その甲斐もあって、ようやくスマホ版としてリリースできそうです。本当にお待たせいたしました。いずれも少し古いタイトルで、もじゃべあ的にはお恥ずかしい部分も多々ありますが、今でもその内容は色褪せることなく、主人公たちの初々しさが読んでいて懐かしいです。「もじゃべあ、若いな!」って感じです(笑)

長くなりましたが、このような形でもじゃべあも一進一退を繰り返しておりますので、どうか温かい目で見守ってやってください。

それでは、また次回にもじゃりましょう!

 

【お詫びと訂正】慶喜編二巻ブックレットの誤記載につきまして

■慶喜編二巻・ブックレット誤記載に関するお詫びと訂正

お客様各位
2017年01月18日に発売いたしましたドラマCD『慶喜本編第二巻 ―暗の抄―』 をお買い上げ頂き、誠にありがとうございます。
この度ご購入いただいたお客様からのご指摘を受け、本ドラマCDに付属されている『16Pブックレット』内に、誤記載がある事が判明いたしました。
謹んでお詫び申し上げますと共に、以下の通り訂正させて頂きます。

【誤記載箇所】
・10P目

誤 : 9月中旬 「慶喜と出かけ、太夫になる事や未来からきた事を打ち明ける。お互いに本当の気持ちを伝え合う。」
正 : 9月中旬 「咲、太夫として初めてのお座敷。慶喜と幸せな時間を過ごす。」

今後このようなミスがないよう細心の注意を払ってまいりますので、何卒ご容赦頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。
ご購入頂いた皆様にご迷惑をおかけいたしました事を、心よりお詫び申し上げます。

2017年01月20日
チームもじゃべあ

※03/03追記 祝!ドラマCD慶喜本編第二巻発売!

mb04
こんばんは、梅もじゃです。

先日は【慶喜本編第一巻発売記念】サイン入り台本プレゼント企画にたくさんのご応募を頂きまして、誠にありがとうございました!
当選された方も惜しくも抽選に漏れてしまった方も、感想や応援のお言葉など、本当に嬉しく読ませて頂きました!

・星祭のシーン(ふみえ様に新規スチルを描いて頂いた場面周辺ですね!)
・禁門の変、出陣のシーン
・咲と花里が三味線の練習をしているところに、慶喜がやってくるシーン

上記の部分に、特に「ここが好き!」というお声を多く頂きました(*´∀`*)
また、意外な部分への注目や思い入れを伝えてくださった方もいらして、そちらもとても興味深く&嬉しく読ませて頂きましたよ!
秋斉と市之進のやり取りを気に入ってくださった方も多く、収録時間との壮絶な戦いを乗り越え、何とか残して良かった……!とガッツポーズしております。


収録時間といえば……実はせっかくのドラマCD第一弾なので、「ドラマCDだけのシーンがあってもいいよね!」「本編には出せなかったけど、古高とかもちょっと登場させられたら……」なんて事も考えておりました。寝言は寝て言うべきでしたね。
再三嘆いておりますが、新規シーンどころか、本編内のシーンもカットカットの嵐でした。

▲ ばっさりカット。やけくそ感が伝わりますね

また、ちょっとしたこぼれ話ですが……
ドラマCD制作にあたって各話にタイトルをつけておりますが、第一巻四話の「葵」は、実はふみえ様描き下ろしの2Pマンガから着想を頂いて名付けたものなのです。
ご覧になった方は共感して頂けるかと思いますが、2P目4コマ目のアレです!
慶喜の背負うものが垣間見えるあの構図……素敵ですよね。

そして既にお手元に届いているかもしれませんが、18日には慶喜本編第二巻 ―暗の抄―が発売となっております!
告知サイトの方では新規サンプルボイスも公開しておりますので、せひお聴きくださいませ!

また二巻のサイン入り台本プレゼント企画の方も近々詳細を発表させて頂く予定ですので、ぜひ二巻を聴きながら、楽しみにお待ち頂けますと幸いです。
ではでは、引き続き続報をお待ちください~!


▲ おまけの一橋家中(嘉永六年ごろ)。慶喜と楽しい仲間達をこれからも見守ってください

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
※17/03/03追記
・こちらもドラマCDをご購入頂いた方からご指摘を頂いたのですが、
 ブログでご説明させて頂くのが大変遅くなってしまい申し訳ありません!

■【慶喜編2巻ブックレット内年表・「7月7日」の日付につきまして】
 P10の上記部分に関しまして、
「ゲームのシナリオ内では七夕デートは『7月6日』だったので、
 6日の間違いでしょうか?」
というようなご指摘を頂きました。

 こちらは、ドラマCDでは明確な日付が出てこず、
 また「江戸時代の七夕は主な祭祀を6日から行っていた」
 という説明も入っていないため、ドラマCDだけを聴かれた方が
 「あれ? ドラマCDでは七夕って言ってたのに
 『7月6日』と書いてあるのはミス?」
と感じてしまうのでは……と、
 「七夕」である事のわかりやすさを優先して「7月7日」と記載しておりました。
 意図的ではあったものの、ゲームをやり込んで頂いている方ほど
 違和感を持ってしまう、混乱を招く表記になってしまっており
 申し訳ございません。
 
 次回生産があった際にはこちらも訂正させて頂き、
 ゲーム内シナリオと同じく「7月6日」と記載する予定です。
 (至らない点ばかりで申し訳ありません……!)

祝!! 艶が~るドラマCD慶喜編 第一巻 柳の抄 予約開始!!

もじゃもじゃ毎度お久しぶりのもじゃもじゃです。
このブログの書き出しには「お久しぶりです」から始まることがルールのようになってます(笑)ウソです。

さて、もう皆さんもすでにご存知のことかと思いますが、タイトルにありますように、ついにチームもじゃべあが独自に艶が~るの公式グッズを出せることになりました! もちろん公式ですから、インタースペース様にはちゃんと許諾を得ております。その第一弾として「慶喜本編のドラマCD」と相成りました。艶が~るも6年目に突入し、ようやくグッズ展開ができるようになったのです。インタースペース様には本当に感謝感謝です。

まだご存じない方は、以下のサイトで詳しい情報をご覧くださいね。ご予約のほうもぜひお願いいたします!

『艶が~る』公式グッズ制作ティザーサイト
艶が~る 公式グッズ ティザーサイト

書きたいことがたくさんありすぎて、何から書けばいいのかよくわからなくなっているのですが、まずは一番お伝えしたかったこと、『なぜドラマCDなのか?』

これまでもじゃべあとして本編キャラクターの一部、追加イベントの多くを執筆させていただきましたが、皆さんも薄々感じているように、携帯のソーシャルアプリは基本、配信が終わってしまえば二度と読み返すことができません。チームもじゃべあとしてインタースペース様ふみえさん都志見さんなど本当に多くの人たちの手をお借りして一緒に作り上げてきたキャラクターたちが、一瞬にして消えてしまうのです。それはあまりにも寂しすぎると思いませんか? ですがこれは、どんなものでもある程度は仕方ないことだと思いますし、時代の移り変わりとともに必ずやってくるものだと思っています。であれば、何とか形にして残せないか。我々の、プレイしていただいた皆さんの中にある「幕末をかように生きた彼ら」の生き様を何とか残すことはできないか、そういった思いからこのプロジェクトはスタートしました。

ノベライズやコミカライズ、他のメディアも俎上に上がりました。残すだけならそれでも良かったのですが、「艶が~る」という作品を知らない人に少しでも知ってもらうには、構えずに入っていける「ドラマCD」という形式が一番わかりやすいだろうとの結論に至りました。ですが、問題はこの長編の本編を本当に全て収録できるのかどうか、でした。
プレイされた方はご存知だと思いますが、1キャラクターを最初からエンディングまでノンストップで読むだけで、早い人でも1日はかかるかと思います。それを内容を変更せずにどこまで圧縮できるのか・・・。また、単に長いだけでは耳が疲れます。映画やアニメでもそうですが、人が集中できるのは2時間が限界だといわれています。そこで、トータルで8時間、1回で聴けるのは2時間という尺ができました。それが今回のドラマCDの仕様「一巻2枚組の計四巻」の基準となっています。今以上に短くすることや、一巻1枚で八巻出すのも検討しましたが、価格にも跳ね返るトータルコストで考えた場合、今回の仕様が最も効率よくコストを下げることができると判断したのです(1キャラクター出すのに1年近くかかるのもどうかというのもありました)。そうすることで、少しでも皆さんの手に取ってもらえると信じているからです。
(ちなみに、ドラマCDの製作コストは単純な収録時間ではなく、出演声優の人数によってほぼ決まります。出演者一人のシチュエーションCD4枚組より、CD1枚しかなくても4人が出演しているほうが一般的にコストは上がります。サブキャラ含め10人以上登場し、かつ2枚組である本作はかなり贅沢な作りとなってます)

トータルの収録時間も一巻だけで優に30時間を超える収録現場でしたが、少しでもコストを抑えるために、オーディションやディレクション、ブックレットデザインなど、もじゃべあができることは可能な限り自分たちで行いました。大変な思いをしながらまだ慶喜の4分の1(一巻)しかできていませんが、内容をダイジェスト版にしたり、いいところだけのハイライト版にしたり、本編とは全く関係のないオリジナルのシナリオにしたりせず良かったと思っています(いつか配信が終了したとき、物語を知らないとキャラクターがわからないので)。

どこまでできるかはわかりませんが、こうして形に残せたことで少しでも「艶が~る」の楽しさを他の多くの人たちや次代に伝えられることがとても嬉しいです。作品の評価の割りにはまだまだ知られていない「艶が~る」ですので販売店さんなどにも上手くアピールできていないのですが、ぜひご購入をお考えの皆様にはご予約をしていただいてお店側にも驚いてほしいと思っています
そうなることで、全キャラ出せたらいいなぁーともじゃべあ一同思っています。ちなみに、まだ来年の話ですし決定ではないですが、慶喜の次に出すとすれば『秋斉』を考えています。まずはこの二人を出さないと、と思っています。

少し話が長くなってしまいましたね。
最後に、店舗特典についていくつかわかりにくいというご指摘をいただきましたので、特にアニメイト様の全巻購入特典(連動予約)について説明させていただきます。これは今回の慶喜編全4巻をアニメイト限定盤で購入(※通常盤は対象となりません)された方に、エンディングCDをプレゼントするというものです。

アニメイト限定盤をご購入いただく限り、各巻別々で購入いただいても対象となります。限定数は未定ですが、交換期間内であればほぼ入手できるかと思われます。まだ先のことですので交換期間含めた詳細は未定です。ということですので、とりあえずは皆さんの懐事情に合わせてご予約いただいて大丈夫です!(笑) ※10/19 一部修正しました。

また、エンディングCDの内容ですが、ドラマCDの四巻目には「水」エンドのシナリオが収録されていますので、それ以外の「鏡」、「花」、「月」エンドの共通部分を除いたシナリオが入ったボーナスCDとなります。残念ながら「結」エンドは入っていませんのであしからず(またの機会?)。

今回は以上となります。
もっともっと書きたい裏話や、今後のグッズ展開のことなどもありますが、それはまた別の機会にしましょう。

それでは、また次回お会いいたしましょう~~~♪