第3回 影もじゃのゲーム思い出珍道中

 
どーもこんにちわ。影もじゃです。

今回も第3回、影もじゃのゲーム思い出珍道中をお送りします。

 

ファミコンやゲームボーイの思い出は数多くありますが今回はスーパーファミコンの思い出です。

正直色々ありすぎてどれにしようか迷います‥‥
最初はマリオカートの話をと思っていましたが、ドラクエVのお話をさせていただきます。

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』は皆様ご存知と思われますドラクエシリーズの5作目で、特徴としてはやはり敵である特定のモンスターが仲間になる事でしょう。
仲間モンスターはレベルを上げると色々な技が使え頼もしい存在になります。
影もじゃもスライムを頑張って育てたりと必死になったものです‥‥(´ω`*)

ですが、影もじゃが強く印象に残ったのは、主人公が少年→青年→大人へとストーリーが進むにつれ成長していく点でした。
子供からすると同じような少年が父親に連れられて旅しながら冒険しているのを見るのは刺激的でした。
やっていて自分も一緒に成長しているような感覚になったのは影もじゃだけではないはず!!
本当に成長していたかどうかはつっこんではいけません‥‥( ;´Д`)

少年時最後に父親が殺され、奴隷として青年になるまで過ごす点等も衝撃的でしたね‥‥
納得いかない影もじゃは少年時に最後のボスを倒せれば父親殺されずにすむんじゃと必死にレベルを上げまくって挑んだ事は懐かしい思い出です。
この頃からRPG等で早い段階でレベル等を上げまくる癖がつきましたね(笑)
後から結局勝てても殺されちゃうと知って落ち込んだ事は言うまでもありません‥‥(ノД`)・゜・。

なんというか、第1回での六三四の剣の時といい父親が死んでしまう等の展開にはめっぽう涙もろい影もじゃです。
ゲームで泣いた回数も正直なところ数えきれないと思います。
心打たれるゲームは本当に良い物ですね~。
もじゃべあでも心打たれるゲームを皆様に配信できるよう頑張ります!

でわ~、また次回お会いしましょう~(*’▽’)ノシ

過去作品振り返りシリーズ【LOVERS BEAT(ラバーズビート)】

もじゃもじゃ

今回は少し趣向を変え、過去にもじゃべあが携わった作品を振り返ってみます。

『LOVERS BEAT』(※2009年12月配信開始、現在は配信終了)

この作品は、星降る夜のスクリーンの次にixenでシナリオ、キャラ、構成など全てを担当させていただいた作品ですね。また、この作品は、現在配信している執事たちの狂騒曲キャラクターデザインを担当していただいたかづき湯宏」さんと最初に仕事をさせていただいた、思い出深いタイトルでもあります。

一応ネタバレにならないようにシナリオの詳細や設定などは省きますが、簡単にあらすじを書くと、


リーダーの翔(かける、バンド名:ショウ、ボーカル)は「カッコよく生きるために1年後に解散する」というロックバンド『Dead or LIVE(デッドオアライブ)』を結成した。エロ皇帝ことギターのケイ(魚屋アルバイト)、女装が似合うベースのハル(予備校生)、天才ドラムスのシノン(予備校教師)と、それぞれの“想い”を胸に秘めた4人の個性的なメンバーが集まる。1年間という限られた期間で完全燃焼する中、インディーズからメジャーになるために努力し、協力し、互いに芽生えていく絆、葛藤、そして絶対王者である超人気バンド「Noble Shadow」とのタイバン勝負(バンド合戦)を経て、名実ともにナンバー1バンドへとのし上がる。だが、次第に近づく『解散の日』を前にメンバーの想いが揺れる。そしてついに、最後の解散ライブの日がやってくるのだった‥‥。

ずっと裏方で彼らを見守っていたヒロインの想いは、メンバーの想いは届くのか?


自分で書くのもなんですが、このラストシーンは今でも大好きなシーンの一つです。このラストシーンを書きたくて作ったようなシナリオだったので(笑) もじゃべあとして複数で書いてはいますが、ここだけは書かせてもらいました。

そして最後の最後に、それまで散りばめられていた『謎』一気に集約する謎解きがあります(ただし、翔のエンディングを見ないとわかりません)。その謎が解けた後、もう一度プレイすると、それまで違和感があった台詞や意味不明な冒頭シーンなど、全てつながっていることがわかる仕組みになっています。‥‥と書いても、『LOVERS BEAT』がプレイできない今となっては出し惜しみのようで気持ち悪いですよね。星降るや執事のようにうちが権利を持っていれば問題なかったのですが‥‥。すみません。(タイトル変えてリメイクするか‥‥笑)

本当に懐かしいですね。それでは、今回はこのくらいで。
下記の資料は、実際にもじゃべあが提出した企画書の一部です。キャララフも、かづき湯宏さんによるものです。

懐かしのシナリオゲーム★星降る1

mb04
こんにちは、梅もじゃです。
今日はちょっと懐かしい【シナリオゲーム】について思い出していきたいと思います!

シナリオゲームとは

実は『星降る』や『執事』がixen様にて配信されていた当時、各章のキャラエンドを見るためには【シナリオゲーム】というミニゲームのクリアが必要だったのです。

ユーザー様からするとちょっと「大変だなー、面倒だなー」なシナリオゲーム。
しかしだからこそ少しでも楽しんでプレイして頂こうと、シナリオの内容に合わせたり、どれも似たものにならないよう頭をひねって制作したものです。

今回はそんな『星降る1』のシナリオゲームを懐かしみつつご紹介いたします。
少しシナリオの内容に触れているので、未プレイの方は気を付けてくださいね!

1章『恋のきもだめしゲーム』


★施設の優先利用権をかけた、各部活対抗のきもだめし大会!
あなたは優勝を目指して参加するものの、ペアを組んでいた『カレ』と途中ではぐれてしまって……。
あなたを呼ぶ声を追いかけて、カレの元へ戻ろう!


(ガラケー全盛期なので、
[1][2][3]
[4][5][6]
[7][8][9]
[*][0][#]

声が聞こえてくる方向に合わせて、
↑のボタンを押して操作します。う~む、懐かしい……)

2章『恋のチャペルゲーム』


★水位が上がって、チャペルからの帰り道が閉ざされてしまった……。
ボートで迎えにきてくれたカレと合流するために、
邪魔な障害物を消しちゃおう!


(いわゆる『ブロック崩し』系のゲームですね。
ハートの形のパドルで打ち返すのがムズカシイ!)

3章『恋のミルキーウェイゲーム』


★岩場の上にある宝物を目指して、障害物を避けながら
光の道を進んでいこう!


(こちらは流れてくる障害物を避けながら進むタイプ。
実際のゲームでは、流木だけでなく縦横無尽に動き回る
サメ
が迫ってきます・ω・)

当時の雰囲気を感じて頂けましたでしょうか?(*゚Д゚*)
次回は執事1のシナリオゲームについても紹介してみたいと思います!
ではでは~

第2回 影もじゃのゲーム思い出珍道中


どーもこんにちわ。影もじゃです。

今回は第2回、影もじゃのゲーム思い出珍道中をお送りします。

 

第1回ではファミコンの思い出でそのほかの思い出も数多くありますが、今回はゲームボーイの思い出です。

ファミコンはテレビにつなげて遊ぶ必要があり、その関係で遊べる時間も限られていました。
遊びだすとキリがなく、よく両親から叱られて『ゲームは1日1時間』等も当然のように決められていましたね~‥‥。
遊びたいのに遊べないもどかしさはそれはもう凄かった事を思い出します。

そこに突如現れた救世主がゲームボーイでした!
電池とカセットがあればいつでもどこでも遊べるなんて!!( *´艸`)
結構大きくて重たいとか画面が白黒で小さいとかそんなことどうでもいい!!
「これでいつでも遊べるぞー!ヤッター!」と大はしゃぎしていました。
まぁ遊びすぎて怒られるのは相変わらずでしたけども‥‥(笑)

特にゲームボーイが活躍したのは夏休みに父親の田舎に行く際の長時間の車の中でした。
ゲームボーイが無かったときは途中でパーキングに寄ったときくらいしか楽しみが無く、毎度グースカ寝ているだけでしたので‥‥。
それはもう思う存分やりましたね~。やり疲れて寝ることも多かったですけども‥‥。
田舎につけばついたで従兄弟と一緒に遊べる事もあり楽しい思い出です。
ただ、帰宅当日になると毎度「帰りたくない」と思ったのも懐かしい思い出です。

ちなみにゲームボーイでよく遊んだゲームは色々ありすぎて書くとキリがありませんが、一つ上げるとすればやはりポケットモンスターでしょう。
友達と一心不乱に対戦や交換、珍しいポケモン自慢などよくやったものです。

そんな思い出もあって『Pokemon GO』は一時期とりつかれたようにやってました(笑)
実際に歩き回ってポケモンを探すあの感覚は新鮮でしたね~ε=へ(* ‘ω’)ノ

でわ~、また次回お会いしましょう~ノシ

シナリオと演出について その2

もじゃもじゃども、最近もじゃ毛が暑苦しいもじゃもじゃです。

さて、今回は前回の「シナリオと演出について」の続きを書こうかと思います。前回は、面白いシナリオとそうでないシナリオの違いは演出の差だ、というごく当たり前のことを書きましたが、では具体的にどういった演出の差があるのか。これはまず、ダメな場合を例に挙げるのがわかりやすいです。

良いシナリオは舞台(現場)の情景が頭にすっと浮かびます。登場人物や背景、小物に至るまで全てが矛盾なく(空想上で)配置さているのです。本当の舞台やアニメなどでは絵などがついてくるので当然のことであり、今、各キャラがヒロインから見てどこに立っているのかなど、意識してないはずはないのですが、文字だけで書くシナリオなどの場合はそのことを忘れることが多いのです。さっきまで遠方にいた人が急に近くで囁いたり、左右にいた人の位置が変わったりなど空間的概念が無茶苦茶だったりします。新人ライターさんには特に多いですね。

シナリオはまず『舞台』ありきです。もちろん、異空間など表現、描写がしづらい舞台もありますが、そこを誤魔化さず、書き手のイメージを可能な限りイメージし、どういった空間配置になっているのかをわかりやすく伝えることが演出の基本中の基本です。そういったパーツが揃って初めて本当の『演出』が可能になります。何をどう活かせば効果的な演出ができるのかが見通せるからです。舞台や情景を読み手に想像させることはライターにとってとても重要なことです。ビジュアルが伴うものはそちらで補完できますが、テキストだけだとそうはいきません。ただ、勘違いしてはいけないのは、情景や舞台描写を細かく書け、という話ではありません。あくまで書き手側の頭の中の話であり、実際の描写は書き手が必要だと思った部分を書けばいいのです。それも演出の一つです。ミステリーの「叙述トリック」などはその際たるものですね。全てが必要ならもちろん全てを書いても問題ないでしょう。ただ意味もなく、だらだら書いてしまうと読み手が疲れるのも事実です。

こうした空間や情景のイメージトレーニングは、今テレビでやっている『プレバト』の夏井いつき先生の俳句のコーナーがとても参考になります。いかに短い言葉でその情景を言い表すか、それが美しいものほど俳句としての広がりや感動が深くなります。俳句って本当にすごいですよね。

最近、書いたものが空間的に正しく動いている(イメージ通りの演出になっている)と感じたのが、先日千秋楽を迎えた『艶ステ』の舞台でした。後半、鳥羽伏見へ向かう途中の殺陣シーンはまさにイメージ通りで、慶喜、秋斉の格好良さ、翔太が傷つき絶体絶命あわやのシーンで土方の登場など、ほぼそのままシナリオを使っていただけたことにも驚きましたが、その動きの細部までもが書きながら描いていたイメージとぴったりなのに本当に驚くとともに、とても感動してしまいました。

というわけで、まだまだ書き足りませんが今回はここまで。このシリーズはまだまだ続くので、興味を持ってもらった方はまた次の機会(連続とは限りません)をお楽しみに~。

プレゼント企画のお礼&秋斉結エンドこぼれ話

mb04
最近推している梅干し製品は「いい塩梅」、梅もじゃです。

お礼が遅くなってしまいましたが、先日は【ドラマCD慶喜編第二巻・サイン入り台本プレゼント企画】にたくさんのご応募を頂き、本当にありがとうございました!

またご応募と一緒に、今回もたくさんのご感想を頂けてとても嬉しかったです(*TωT*)
全ての方を当選にできたらどんなにいい事か……
惜しくも抽選に漏れてしまった方、ごめんなさい!
お待たせしまっている3巻ですが、発売の際はまたプレゼント企画を実施する予定ですので、その時もぜひご応募頂けますと幸いです……!

艶ステについて

そしてTwitterでも呟いておりましたが、もじゃべあも艶ステ(結エンド)を観劇させて頂きました!
無事全公演が終了したとの事で、本当におめでとうございます!
未観劇でDVD待ちの方もいらっしゃるかと思いますが、少しネタバレありの感想を……

◆ネタバレOK (゚ω゚)b 続きを読む

完全に単なる一観客としての感想になってしまっていますが、本当に楽しませて頂きました! ありがとうございました~!ヽ(*゚ω゚*)ノ

結エンドこぼれ話

そしてこれだけだと「楽しかった~ウワ~」と言っているだけですので、観劇した結エンドにちなんで、ゲーム版結エンドにまつわるこぼれ話を……
こちらも少し内容に触れておりますので、秋斉結エンドを未プレイの方はご注意くださいね!

◆ネタバレOK (゚ω゚)b 続きを読む

ではでは、また次回の更新でお会いしましょう~!

第1回 影もじゃのゲーム思い出珍道中

どーもこんにちわ。影もじゃです。

今回は第1回、影もじゃのゲーム思い出珍道中をお送りします。

 

実は私は小さい頃からファミリーコンピュータ(Family Computer)が家にありました。
成長するにつれてテレビゲームも徐々に進化し種類が増えていきました。

小さい頃遊んだ思い出のゲーム機を上げると‥‥
・ファミリーコンピュータ(Family Computer)
・ゲームボーイ(Game Boy)
・スーパーファミコン(SUPER Famicom)

学校から帰ると友達を呼んで夢中で遊んでました。
第1回ですのでファミコンの思い出からいきます。

ファミコンの思い出で真っ先に浮かぶのはアレです。
カセットをフーフーしてから差し込む事!!
古いカセット等は埃とかの影響なのか接触が悪く普通にさして電源を入れても謎の砂嵐になる事が多く、まるでおまじないのようにフーフーしてから差し込んでましたね‥‥。
実際にはあんまり効果が無く何度も付け直す事が多々ありましたけども(笑)。

この接触不良(?)をわざと起こすことでゲームをバグらす事ができます。
普通そんな状態で遊ぼうと思う人はいませんが、どこかネジが緩い影もじゃはお構いなしに遊びました。
その中で特に面白かったのは『六三四の剣 ただいま修行中』(むさしのけん ただいましゅぎょうちゅう)というゲームです。
このゲームは一人用プレイでは一面「特訓編」から三面「道場破り編」までは横スクロールのアクションゲームであり、四面「全国大会編」は剣道試合となっており、二人用プレイは「全国大会編」をベースにした剣道対戦ゲームとなっています。

ゲームを起動した後にカセットをフリーズしない程度にカチャカチャして一人プレイをスタートします。
すると‥‥普段敵に当たるとダメージを受けるはずが素通り!!
しかも‥‥穴に落ちると普通はゲームオーバーなのに上から降ってくる!!
しまいには‥‥剣道試合では2本取られるとゲームオーバーなのにいくら打たれても審判は全く反応せず、こちらが当てれば「プー」っという効果音とともに審判が旗を掲げる!!
その結果このバグは『審判買収』という名前が付きました。
友達には必ずと言っていいほど見せたバグです(笑)。
カセットならではのバグですね~(*´ω`*)

ちなみにこちらのゲームは原作がありアニメにもなってます。アニメは非常に原作に忠実で今では珍しいのではないでしょうか。
お父さんが全国大会で傷を負いながら優勝するもそのまま亡くなってしまい、お通夜が終わった後、主人公の六三四(むさし)が山の頂きで素振りしつつ泣き叫ぶシーンで涙腺の緩い影もじゃは何度泣いた事か‥‥。
『審判買収』とかお馬鹿な事してごめんなさい‥‥(´Д`;)

でわ~、また次回お会いしましょう~ノシ

シナリオと演出について その1

もじゃもじゃども、チームもじゃべあの生ける屍、もじゃもじゃです。

さて、今日はちょっぴり真面目に表題どおり「シナリオと演出について」少し語ってみようかと思います。シナリオといっても世の中にはいろんな「シナリオ」があるので、ここではあくまで「ゲーム用のシナリオ」として書かせてもらいますね。

一般的にゲームシナリオでは、「台詞部分」「地の文」と呼ばれるト書きのような説明文があります。ゲームでは少ないですが、第三人称視点(いわゆる神視点)の場合などはこの地の文のほうが多くなることもありますよね。これらの人称(視点)にはいくつかの決まりごとがあって、ライターを目指そうとする人なら当然知っておかなければいけない知識でもあります。それをここで書くと長くなるので、今その話は割愛して、ズバリ『面白いシナリオ』『面白くないシナリオ』との違いは何か、といった話を偉そうに書き綴っていきたいと思っています。

根本的に、ストーリーとして面白いかどうか、という話は実は別次元で存在していて、これには一つの越えられない壁があり、はっきり言ってその作法などは解説できません。よく『ストーリーが100倍面白くなる本』とか、『誰でも面白いシナリオが書けるテクニック!』といった教本を見かけますが、それを読んで本当に大ヒットするような面白いシナリオが書ける本なら、一冊2千円くらいまでであれば私が買い占めます!(安っ!)

では、本質的に面白いかどうかは置いておいて(おいおい)、よくある話を面白おかしく読ませることはできないか、そう、それが『演出』です。そんな定義はわかってるわい!と言われそうですが、面白いシナリオは確実にこれが入っており、面白くないシナリオはまずこれがありません。あるいはとても弱いです。

ということで、次回があれば(!!)もう少し具体的な演出方法について書いていきましょう。ちなみに、この内容はライター向けのHowToブログではなく、私もじゃもじゃの思考を一般化しただけですので、何ら期待しないでください(笑)

※あと、【夢舞台 艶が~る 初宴】面白かったです。この話も絡めて書ければと思います。

遅れましてのご挨拶!

もじゃもじゃ皆さんお久しぶりです、チームもじゃべあの“もじゃ番長”もじゃもじゃです。もじゃもじゃしててすみません…。

夏コミのご挨拶&お礼もせず、もう1ヶ月が経ってしまいました。
本当にすみません!
来てくださった方、買っていただいた方、誠にありがとうございました m(._.)m
これからも霊皇学園やら、星降る夜のスクリーンやら執事たちの狂騒曲やらいろいろ配信していく予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします!
さて、お伝えし忘れていたこととしてはもう一つあります。
現在チームもじゃべあでシナリオを担当させていただいてます(一部は違いますが)『艶が~る』が、ついに2周年を迎えました~!!
思えば、もう2年にもなるのですね…。本当にあっという間でした。

それ以前、ixenで配信させていただいてた『星降る夜のスクリーン』から乙女ゲーのチーム名を“チームもじゃべあ”と改めたのですが、それまでのほんわか系乙女ゲーから、「幕末で花魁ものをやる」と聞かされたときには、スタッフ全員頭を抱えたものでした(笑)

「やらせていただく限りは、他社とは違うものを」と、史実にこだわりたい旨を話し、当時その賛否で揉めたことが、今でも懐かしいです。
ですが、こうして2年もの間、皆さんに応援していただけたのも、その時のやり取りがあったからだと思っています。企画当初、ある程度自由にやらせていただいたCAモバイル様には、感謝の言葉しかありません。

そこで少し計算してみたのですが、この2年間で『チームもじゃべあ』として執筆した“艶が~る”の総シナリオ量は、なんと、約14MB(メガバイト)でした!
文字数に換算すると、およそ700万文字!! なんだか書いててどのくらいすごいのか、よくわからなくなってきましたが、家庭用のゲーム機だと、8~10本程度でしょうか。
うーん、そう思うと凄い文章量ですよね。

これからも、いろんな意味で(笑)突っ走れるだけ突っ走りますので、みなさん応援のほど、よろしくお願いいたします。
最後にもう一つ(長くなってすみません…)。
もじゃべあ宛にお問い合わせメールをくださった茉知さん、お便りありがとうございます!
『LOVERS BEAT』が大好きだとのこと、本当にありがとうございます。私も大好きな作品です。『執事たちの狂騒曲』でお手伝いいただいている「かづき湯宏」さんと初めて一緒にやらせていただいた作品でもあります。
残念ながら、この作品は今のところスマホ対応の予定はないのですが、もし皆さんのリクエストが高いようであれば、実現に向けて考えたいと思います!
夏コミでは『眠れる恋の魔女』が好きだとおっしゃっていただいたお客さまもいらっしゃいました。本当に、いつまでも皆さん愛してくださっているのですね。少し感動して、うるっと来てしまいました。

ではでは、また。

 

新作てんこ盛りっす!

もじゃもじゃ
みなさんこんにちは、こんばんは~。
【チームもじゃべあ】のもじゃもじゃです。

もうすっかり夏ですねぇ。
というか、気づいたら夏でした…。
近所の公園で水浴びをしている子どもたちを見ていると、一緒になって水浴びしたくなるような気分です。
本当にやったら通報されて捕まりそうですが…(汗)

そういえば、春にAmebaでの配信が終わってしまった『オフレコ!』のこともいろいろと書きたかったのですが、知らぬ間に夏になってしまいました。
『艶が~る』に負けない濃いファンの方たちもいらっしゃって、とても愛着のある作品だったのですが、ちょっぴり(実は結構)残念です。
みんな味のある良いキャラだったんですよねぇ…。
また、いつかどこかでお目に掛かれるといいですね。

さて、夏といえばコミケです!
『霊皇学園 -オカルト研究会-』の制作も、牛歩の勢いで進んでおります!! …あれ?
周りに色々心配されてますが、今までになかった本当に面白い作品になると思いますので、期待していてください!
夏コミ版では、プロローグ的な作品紹介に近いものになりますが、各キャラクターや世界観を十分堪能していただけるものにしたいと思っています。基本、スマホ対応です。

そして、まだまだそれだけではありません!!
新たに今秋から冬にかけて、どど~んと新作を発表、配信しようとしてたりなんかします!
ixen時代の雰囲気に近い『えっ、次どうなるの?』という【チームもじゃべあ】らしい意欲作です。
ちゃんと発表できる時が来たら、またご報告しますね。

まあやっぱりそんな感じで、夏は地獄なのでした…。
ではでは、また。