ありがたや国会国立図書館デジタルコレクション

mb04
一番好きな食べ物は鮭とば、梅もじゃです。どうもこんにちは。

この度もじゃ部屋ブログがパワーアップするとのことで、引き続きブログを担当させて頂きます! 今後ともよろしくお願いいたします。

ありがたやありがたや

知ってるよ。みんなが近デジもとい近代デジタルライブラリーが統合された国デジこと国会国立図書館デジタルコレクションが好きだってこと。
私も好きです。ありがたや。

国デジって何ぞや?という方にご説明いたしますと、様々な歴史的資料等をインターネット上で公開しているデータベースです。艶が~る執筆時には大変お世話になりました。便利……圧倒的便利……

無料で気軽に利用できるのと、書籍化されていない資料なども閲覧できるのが大変助かります。また勉強や調べ物に使うだけでなく、史料というのは単純に読み物としても面白いものですよね!

当時の島原にときめく

ここで、島原にまつわる記述・絵などをちょっと紹介いたします!

京坂の揚屋及び天神茶屋にて太夫を始て迎ふに揚屋茶屋の輩に委ねて迎之もあり、或は名を聞傳へて其名を指て呼迎ふもあり、或は衆妓を迎へて其中より己が意に合へるを一夜の伽と定むるもあり。其衆妓を迎ふるをかると云也。借也。是は太夫と天神のみにて鹿子位及び非官許の遊女にはなきこと也。太夫天神ともに借て見んと望む客ある時は仲居女又は小婢等其樓の定紋付なる箱挑灯を提て妓院の戸邉に至り高聲を以て太夫さん方おかし、又天神を借るには女郎さん方御貸と云。其時未だ樓に往ず置屋に殘り居る妓も褂を着し粧を飾りて其樓に集る也。其時席上の敷居ぎはに盃臺に塗盃を置て其次に大衝立を置く。其衝立の陰より各妓一人づつ杯前に座す。時に當樓の仲居侍坐して某屋の某太夫さんと名を報じ且杯臺を進む。妓杯を採て客の顔を見て再び臺に置き杯臺を少しつき出す。又仲居進之如此すること三回にして退席也。蓋杯は進れども酒はつがず空盃のみ。又太夫天神ともに衆客の顔を此時一見するは差合と云て憚るべき客には非る哉否やを見る也。客も空盃を三囘勸める間に意に應ず妓を擇み直に呼止め或は衆妓去て後に再び名を以て迎ふもあり。江戸には此行更に無之。

引用 – 類聚近世風俗志 : 原名守貞漫稿. 下(第十九編 娼家上 / 八十九頁)

(意訳)京都・大坂の揚屋および天神茶屋にて太夫を初めて迎える時には、(誰を呼ぶか)揚屋茶屋の人に任せることもあり、あるいは伝え聞いた太夫の名前を指名して呼ぶこともあり、あるいは複数呼んでその中より気に入った遊女を一夜の相手と定めることもある。その遊女たちを迎えることを「かる」という。「借」である。
これは太夫と天神の場合のみであって、鹿子位および非官許の遊女にはないことである。太夫天神ともに借りてみようと望む客がある時は、揚屋茶屋の仲居女または女中などが、店の定紋が付いた箱提灯を提げて置屋の玄関へ行き、大声で「太夫さん方御貸」、また天神を借るには「女郎さん方御貸」と言う。その時まだ置屋に残っていた遊女も、打掛を着、化粧をしてその(お客さんのいる)店に集まるのだ。その時には席上の敷居際に、杯台と塗盃を置く。その次に大衝立を置く。その衝立の陰より各遊女が一人づつ杯前に座る。そして店の仲居が侍坐して「某屋の某太夫さん」と名を報じ、かつ杯台を遊女に勧める。遊女は杯を取って客の顔を見、再び台に置き杯台を少しつき出す。するとまた仲居が杯台を勧め、このようなことを三回繰り返し、遊女は退席する。おおよそ、杯は勧めるものの酒は注がず、空盃のみ。また太夫天神ともに衆客の顔をこの時一見するのは「差合」と言って、はばかるべき客(問題のある、太夫や天神を呼ぶにふさわしくない客?)ではないかを見るためである。客も空盃を三回勧める間に、気に入った遊女を選び、直に呼び止めるか、もしくは遊女たちが去った後に改めて指名して迎えることもある。江戸にはこの決まりは全くない。

高杉本編にも出てきた儀式ですね! 「貸しの式」であり、「假視の式」でもあるそうです。

都名所之内 嶋原出口光景(長谷川貞信) (∵)
京都名所之内 嶋原出口之柳(歌川広重)

そして上記ふたつは島原を描いた浮世絵ですね。
遊女が酔ったお客さんを見ておかしそうにしていたり、小さな子供を連れているお客さん(?)がいたり……
遊郭である以上複雑なことも多々あるのでしょうが、何だか賑やかでほのぼのしていて可愛らしく、愛おしい気持ちになってきます。

有名なものなのでご存知の方も多い史料かとは思いますが、改めて眺めてみるとやっぱり面白いですね!
今後も艶や執事・星降るなどの話題を更新していく中で、機会があればまた気軽に見られる史料などをおすすめしたいです!
ではでは~

お久しぶりです。影もじゃです!

影が薄くて有名(?)な影もじゃです。

前回もじゃもじゃさんがお伝えした通り、もじゃべあブログがパワーアップし、『お前もブログ担当だ』といわれて柱の影から登場することになりました!

これからはちょくちょく皆様に影もじゃとして色々な情報を提供させていただければと思います。
影から見たもじゃベあや他のメンバーについてもお伝えする事が出来るかもしれません。
あまり暴露しすぎて闇に葬られる可能性もありますが‥‥

今回はご挨拶もかねて影もじゃについて簡単に紹介させていただきます。
私は名前や見た目通り、もじゃべあでは主に裏方に徹しております。ですで外の世界は眩しいです。
他の人たちが作ったシナリオや画像をアプリに入れたり、システム周りを作ったり加工したり、もじゃもじゃさんのギャグを聞いたりするのが主なお仕事です。

もじゃもじゃさんや梅もじゃさんから「こうしたい」「ああしたい」という注文が出ればできるだけそれに応えるのもお仕事です。
私の力量足らずで諦めてもらう事も多々ありますが‥‥(´ω`;)
こう見えても頑固な所があり、もじゃもじゃさん達と意見が衝突してヒートアップする事もあります(第○次もじゃ大戦勃発)が、大抵は後になってもじゃもじゃさんの意見をじっくり考えて納得したりがほとんどで、流石もじゃもじゃさんだなぁと思ってます。
見た目もじゃもじゃですが‥‥

っと、影もじゃから見るちょっと別角度のもじゃべあメンバーについての紹介はいつかの機会にとっておきます。

今後ももじゃべあを影から支えていきますので、
皆様なにとぞ影もじゃをどうぞよろしくお願いします!!
またお会いしましょ~(*’ω’*)ノシ

 

もじゃべあブログをほんの少しパワーアップします!

もじゃもじゃ毎度お久しぶりのもじゃもじゃです。

もじゃべあの悲願であった『星降る夜のスクリーン』と『執事たちの狂騒曲』は、もう遊んでいただけたでしょうか?チームもじゃべあが自信を持ってお送りする2タイトルですので、まだの人は第一話だけでも遊んでみてください。基本無料なので、さくっと読めるかと思います。詳細は、もじゃべあサイトからの各アプリの紹介ページのリンクをクリックしてご覧くださいね~!

さて、ようやく自社タイトル配信のスタートラインに立ったチームもじゃべあですが、今回はこのブログについて少し書いていこうかと思います。

というのも、今まで少し放置しすぎていた感が否めませんが(汗)、これからはもじゃべあの素顔といいますか、特に発信する情報などにこだわらず、もじゃべあ(の中の人)がいつもどういうことを考えどんなものに興味を持っているかなど、そういった中身のお話をできるだけマメにお伝えしていけたらと思っています。

もちろん、艶が~るはじめ、星降るや執事といったタイトルにまつわる、製作者としての思いなども合わせて綴っていければと。作品とは関係のない、かなりどうでもいい話もあると思いますが、それはそれで与太話として読んでいただけたら嬉しいです。

今回は私もじゃもじゃが、最近好きなドラマについて少し書きますね。というのも、ミステリー好きの私は湊かなえさんのプチファンでして、今週最終回になる『リバース』を命がけで観ております。面白いですよね~。概ね予測したとおりの展開ではあるのですが、良い意味で期待を裏切らないドラマだと思います。実はこのドラマのロケが一部『荻窪』で行われており、会社の行動範囲内である場所が映し出されると、「おおっ~、あそこやん!」などと感動してしまいます。『相棒』などもたまに撮影しているようなので、案外ミステリーロケではよく使われているのかもしれませんね。

ということで、今回は旬なドラマのお話でしたが、次回はもじゃべあ作品とミステリーの関係について少しお話したいと思います。ではでは~~~。

 

またまたお詫びとご報告……

もじゃもじゃ

さてさて、毎度のごとくバタバタしてまして、また少し間が開いてしまいました。本当にすみません。皆様ご機嫌いかがでしょうか。チームもじゃべあの雑用係もじゃもじゃです。

 今回は…今回もごめんなさい。少し残念なお知らせと、ちょっと嬉しいお知らせがあります。まずは残念なお知らせからなのですが、現在必死こいてやってます『艶が~るドラマCD 慶喜編』ですが、第三巻以降の発売が延期になってしまいました。大変申し訳ございません! 本来ならこの春に発売予定だったのですが、今のところはっきりとした発売めどが立っておりません。といいますのも、もじゃべあとしては本当にショックなのですが、売り上げが伸び悩んでおります……。

元々数を多く売る計画ではなく、よそ様で言う「最低回収ライン(儲けなし)」くらい出れば十分と思っていたのですが、うーん、びっくりするくらい届いてません…。それでも二巻までは頑張ってみたのですが、結果変わらず…。このままでは継続が難しいと判断し、苦渋の選択として一時的に制作をストップさせていただいております。全巻ご予約いただいた方にご迷惑がかからないよう、慶喜編に関してはどんなに時間が掛かろうと「全四巻+エンドCD」制作まで何とかやり遂げようと思ってはおりますが、制作資金ができるまで少し時間が掛かってしまいそうです。既にお買い求めいただいた皆様、また三巻以降を心待ちにしてくださっている皆様、本当に申し訳ございません。。。

そのようなこともあり、もし今現在購入をご検討いただいている皆様、もしくは本ドラマCDにご興味をお持ちの方々がいらっしゃるようであれば、ぜひ前向きにご購入していただきたく、よろしくお願い申し上げます。決して安い商品ではないかと思いますが、チームもじゃべあが心血注いで制作した一品であると自負しております。

あまりだらだらと書くのもなにかと思いますので、まずは慶喜編第三巻以降の発売が遅れてしまいますこと、チームもじゃべあの代表といたしまして、ここに深くお詫び申し上げます。

 

そして、次に少し嬉しいお話ですが、チームもじゃべあの処女作である『星降る夜のスクリーン』と『執事たちの狂騒曲』が、スマホ対応版としてこの春~夏にかけて順次リリースさせていただくことになりました!!

既にご存知の方もいるかと思いますが『星降る夜のスクリーン』は以前、Almight版として一部のスマホ用に売り切り販売をしてましたが、今回は基本無料(広告モデル)にてAndroidおよびiPhone向けコンテンツとしてリリースいたします。具体的な配信時期や内容につきましては近いうちに専用ページをオープンいたしますので、そちらでご確認ください。

まずは第一弾として『星降る夜のスクリーン』を、その後スマホ版では初となる『執事たちの狂騒曲』をリリース、さらには『星降る夜のスクリーン2 ~聖なる夜の奇跡の星~』、『執事たちの狂騒曲2 ~最高の執事の称号~』と順次リリースさせていただく予定です。しかも、それだけではありません! 各タイトル本編だけではなく、大好評だった追加シナリオや皆さんのご要望が高ければですが、新作の追加シナリオなども現在検討中であります!

多くのファンの方から『星降る夜のスクリーン』や『執事たちの狂騒曲』のスマホ版開発のご要望があり、ドラマCDを制作する傍ら一生懸命頑張ってきました。ブログの間が開いたりするのもそのせいだったりします…(;´▽`A“

 その甲斐もあって、ようやくスマホ版としてリリースできそうです。本当にお待たせいたしました。いずれも少し古いタイトルで、もじゃべあ的にはお恥ずかしい部分も多々ありますが、今でもその内容は色褪せることなく、主人公たちの初々しさが読んでいて懐かしいです。「もじゃべあ、若いな!」って感じです(笑)

長くなりましたが、このような形でもじゃべあも一進一退を繰り返しておりますので、どうか温かい目で見守ってやってください。

それでは、また次回にもじゃりましょう!

 

【お詫びと訂正】慶喜編二巻ブックレットの誤記載につきまして

■慶喜編二巻・ブックレット誤記載に関するお詫びと訂正

お客様各位
2017年01月18日に発売いたしましたドラマCD『慶喜本編第二巻 ―暗の抄―』 をお買い上げ頂き、誠にありがとうございます。
この度ご購入いただいたお客様からのご指摘を受け、本ドラマCDに付属されている『16Pブックレット』内に、誤記載がある事が判明いたしました。
謹んでお詫び申し上げますと共に、以下の通り訂正させて頂きます。

【誤記載箇所】
・10P目

誤 : 9月中旬 「慶喜と出かけ、太夫になる事や未来からきた事を打ち明ける。お互いに本当の気持ちを伝え合う。」
正 : 9月中旬 「咲、太夫として初めてのお座敷。慶喜と幸せな時間を過ごす。」

今後このようなミスがないよう細心の注意を払ってまいりますので、何卒ご容赦頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。
ご購入頂いた皆様にご迷惑をおかけいたしました事を、心よりお詫び申し上げます。

2017年01月20日
チームもじゃべあ

祝!! ドラマCD慶喜編 第一巻 発売開始!!

mb04
お久しぶりです、梅もじゃでございます!

告知サイトの方でもお知らせいたしましたが、ついに本日よりドラマCD慶喜編第一巻発売が開始いたしました……!(*゚ω゚*)
既にお手元に届いている方もいらっしゃるようですが、楽しんで頂けていましたら嬉しいです!


☆ 一橋家家臣に抜かりなし ☆

艶が~るプレミアムでも、発売を記念して特別アバターを配布されているようですので、皆様是非ログインしてみてくださいね!
一緒に盛り上げてくださる運営様、応援してくださっている皆様には、重ねてお礼申し上げます……!!(*TωT*)

まだ買うか迷ってる……(・ω・)という方も、ドラマCD本編や特典など細部まで全力を尽くして制作しておりますので、是非店頭などでお手に取って見て頂けますと幸いです!

また、告知サイトの本日更新分でもお知らせしておりますが、次回、キャスト様のサイン入り台本プレゼント企画についても詳細を公開いたします!
現時点ではTwitterとメールで応募できるようにする予定しておりますので、楽しみにお待ち頂ければと思います。

台本と完成版のドラマCDを比べると、どこがカットされているのか丸わかりなのでちょっと恥ずかしいのですが(゚ω゚;)
もじゃべあとしては本格的なドラマCD制作が初めてだったため、収録後に泣く泣く削ったシーンが山ほどあります……

それでは第一巻ドラマCDを楽しんで頂きつつ、各続報をお待ち頂ければ幸いです~!

祝!! 艶が~るドラマCD慶喜編 第一巻 柳の抄 予約開始!!

もじゃもじゃ毎度お久しぶりのもじゃもじゃです。
このブログの書き出しには「お久しぶりです」から始まることがルールのようになってます(笑)ウソです。

さて、もう皆さんもすでにご存知のことかと思いますが、タイトルにありますように、ついにチームもじゃべあが独自に艶が~るの公式グッズを出せることになりました! もちろん公式ですから、インタースペース様にはちゃんと許諾を得ております。その第一弾として「慶喜本編のドラマCD」と相成りました。艶が~るも6年目に突入し、ようやくグッズ展開ができるようになったのです。インタースペース様には本当に感謝感謝です。

まだご存じない方は、以下のサイトで詳しい情報をご覧くださいね。ご予約のほうもぜひお願いいたします!

『艶が~る』公式グッズ制作ティザーサイト
艶が~る 公式グッズ ティザーサイト

書きたいことがたくさんありすぎて、何から書けばいいのかよくわからなくなっているのですが、まずは一番お伝えしたかったこと、『なぜドラマCDなのか?』

これまでもじゃべあとして本編キャラクターの一部、追加イベントの多くを執筆させていただきましたが、皆さんも薄々感じているように、携帯のソーシャルアプリは基本、配信が終わってしまえば二度と読み返すことができません。チームもじゃべあとしてインタースペース様ふみえさん都志見さんなど本当に多くの人たちの手をお借りして一緒に作り上げてきたキャラクターたちが、一瞬にして消えてしまうのです。それはあまりにも寂しすぎると思いませんか? ですがこれは、どんなものでもある程度は仕方ないことだと思いますし、時代の移り変わりとともに必ずやってくるものだと思っています。であれば、何とか形にして残せないか。我々の、プレイしていただいた皆さんの中にある「幕末をかように生きた彼ら」の生き様を何とか残すことはできないか、そういった思いからこのプロジェクトはスタートしました。

ノベライズやコミカライズ、他のメディアも俎上に上がりました。残すだけならそれでも良かったのですが、「艶が~る」という作品を知らない人に少しでも知ってもらうには、構えずに入っていける「ドラマCD」という形式が一番わかりやすいだろうとの結論に至りました。ですが、問題はこの長編の本編を本当に全て収録できるのかどうか、でした。
プレイされた方はご存知だと思いますが、1キャラクターを最初からエンディングまでノンストップで読むだけで、早い人でも1日はかかるかと思います。それを内容を変更せずにどこまで圧縮できるのか・・・。また、単に長いだけでは耳が疲れます。映画やアニメでもそうですが、人が集中できるのは2時間が限界だといわれています。そこで、トータルで8時間、1回で聴けるのは2時間という尺ができました。それが今回のドラマCDの仕様「一巻2枚組の計四巻」の基準となっています。今以上に短くすることや、一巻1枚で八巻出すのも検討しましたが、価格にも跳ね返るトータルコストで考えた場合、今回の仕様が最も効率よくコストを下げることができると判断したのです(1キャラクター出すのに1年近くかかるのもどうかというのもありました)。そうすることで、少しでも皆さんの手に取ってもらえると信じているからです。
(ちなみに、ドラマCDの製作コストは単純な収録時間ではなく、出演声優の人数によってほぼ決まります。出演者一人のシチュエーションCD4枚組より、CD1枚しかなくても4人が出演しているほうが一般的にコストは上がります。サブキャラ含め10人以上登場し、かつ2枚組である本作はかなり贅沢な作りとなってます)

トータルの収録時間も一巻だけで優に30時間を超える収録現場でしたが、少しでもコストを抑えるために、オーディションやディレクション、ブックレットデザインなど、もじゃべあができることは可能な限り自分たちで行いました。大変な思いをしながらまだ慶喜の4分の1(一巻)しかできていませんが、内容をダイジェスト版にしたり、いいところだけのハイライト版にしたり、本編とは全く関係のないオリジナルのシナリオにしたりせず良かったと思っています(いつか配信が終了したとき、物語を知らないとキャラクターがわからないので)。

どこまでできるかはわかりませんが、こうして形に残せたことで少しでも「艶が~る」の楽しさを他の多くの人たちや次代に伝えられることがとても嬉しいです。作品の評価の割りにはまだまだ知られていない「艶が~る」ですので販売店さんなどにも上手くアピールできていないのですが、ぜひご購入をお考えの皆様にはご予約をしていただいてお店側にも驚いてほしいと思っています
そうなることで、全キャラ出せたらいいなぁーともじゃべあ一同思っています。ちなみに、まだ来年の話ですし決定ではないですが、慶喜の次に出すとすれば『秋斉』を考えています。まずはこの二人を出さないと、と思っています。

少し話が長くなってしまいましたね。
最後に、店舗特典についていくつかわかりにくいというご指摘をいただきましたので、特にアニメイト様の全巻購入特典(連動予約)について説明させていただきます。これは今回の慶喜編全4巻をアニメイト限定盤で購入(※通常盤は対象となりません)された方に、エンディングCDをプレゼントするというものです。

アニメイト限定盤をご購入いただく限り、各巻別々で購入いただいても対象となります。限定数は未定ですが、交換期間内であればほぼ入手できるかと思われます。まだ先のことですので交換期間含めた詳細は未定です。ということですので、とりあえずは皆さんの懐事情に合わせてご予約いただいて大丈夫です!(笑) ※10/19 一部修正しました。

また、エンディングCDの内容ですが、ドラマCDの四巻目には「水」エンドのシナリオが収録されていますので、それ以外の「鏡」、「花」、「月」エンドの共通部分を除いたシナリオが入ったボーナスCDとなります。残念ながら「結」エンドは入っていませんのであしからず(またの機会?)。

今回は以上となります。
もっともっと書きたい裏話や、今後のグッズ展開のことなどもありますが、それはまた別の機会にしましょう。

それでは、また次回お会いいたしましょう~~~♪

 

【奇妙な恋のシェアハウス】&【艶が~るプレミアム】追加シナリオ公開中!

mb02 約4ヶ月ぶりのデスもじゃです!

最近すっかり暖かくなってきて時折夏すら感じますね~。
チームが寄り集まるもじゃ部屋は、窓を開け放していても昼は蒸し暑く、しかし夜は風が涼しくて逆にものすごく冷えたりと、季節の移ろいを肌で感じております!

現在チーム内でのマスク着用率が高くなっておりますが、今日も元気です!
昼の気温にだまされて薄着で出かけて風邪をひく率が高いこの時期、
みなさまも風邪にはお気をつけくださいませ!

そして今日が終われば連休という方も多いのではないでしょうか?
ご予定がある方もまだの方も、そんな旅行シーズンにぴったりな
追加シナリオ配信のお知らせです!宣伝ですみません!

DMM.com様から配信されている『奇妙な恋のシェアハウス』の新イベント!
本日5/1から、期間限定「桜花奇譚~みちのく恋の旅~」シナリオが公開中です!

今回は何と2人っきりで出かけた旅行先で、季節はずれの不思議な『恋桜』を巡って展開される儚くも恋愛感いっぱいのストーリーとなっております。
0050_1

今回も『全キャラ分まとめて買うと、1キャラ分お得なフルコンプセット』
がございますので、ぜひ利用してみてください!

イベントページでは全キャラの内容が少し覗ける無料の序章も公開されております!
序章は無料ですので(笑)内容をチェックしてよろしければ本編も遊んでみてください(ノ´∀`*)
0050_1

イベントは5月11日(月)までの期間限定となっております♪

また、『艶が~る プレミアム』で現在公開されております、
3幕物語ガチャ「新緑の頃に君を想ふ」でもシナリオのお手伝いをしております!
こちらも今の季節に合った淡くて爽やかなシナリオとなっておりますので
是非遊んでみてくださいませ~(*´∀`)

 

【奇妙な恋のシェアハウス】「恋の始まるレシピ」シナリオ公開中!

肉もじゃです。mb03会社周辺の桜が数日のうちに満開になっていて、ちょっと驚きつつ春だな~と実感しています。皆様はもうお花見に行かれましたか?

さて今日は、DMM.com様から配信されている「奇妙な恋のシェアハウス」の新イベントのお知らせです!
昨日4/1から、期間限定イベント「恋の始まるレシピ」シナリオが公開中です!

20150402

ホワイトデーイベントよりも少し時系列が戻って、まだ初々しさがある頃の甘い
お話となっております(*´∀`*)
今回も『全キャラ分まとめて買うと、1キャラ分お得なフルコンプセット』をご用意しておりますので、よければ是非遊んでみてくださいね!
イベントページには無料の序章もありますので、どんな内容か気になられた方
は、そちらを見てみて頂ければと思います!
0360_1

至福の時間を2人で手作り♪
「恋の始まるレシピ」イベントは4/13までの開催です。

いろいろとあるようなので…

もじゃもじゃ

こんにちは、こんばんは、もじゃもじゃです。
先日、『艶が~る プレミアム』もいよいよ配信され、艶がファンの皆さまも楽しんでいただけているのではないかと柱の影からこっそりほくそ笑みつつ、様子を窺っている「チームもじゃべあ」一同です。

大きなシステムの変更があったり、音声がつくなどの仕様追加があったりと、これまでのファンの皆さまにとっても新規のユーザー様にとっても、いろんな楽しみ方ができるのかななどと、中の人の一部としてドキドキしながら毎日見守っております!

そんな中今回、「チームもじゃべあ」としてはありがたいことに【シナリオ原案/協力】という厚かましくも名誉あるお言葉を more games 様より頂きました!
そしてこのことについて、ファンの皆さまからも多くのご質問をいただきました。『実際、もじゃべあは何をやってるの?』と。

「お前らは何をやっているんだ!」というお叱りの意味ではないと信じ(汗)、この場をお借りして“問題の無い範囲”でお答えできればと思っています。

実際のところ、我々「チームもじゃべあ」は今後の『艶が~る プレミアム』におきましても一部のシナリオの執筆をお手伝いさせていただいてます。ただ、100%ではありません。どうしても全てのシナリオを執筆するには時間的な問題があるため、「チームもじゃべあ」監修の元、他のライター様が書かれているシナリオもあれば、まったくノータッチのものもございます。

守秘義務や責任の所在から、もじゃべあ100%(監修含む)のものであってもその全てを告知することはできませんので、最終的には皆様のご判断になるかと思っていたりします。
また、我々もじゃべあが書く文体に似ているからといって、それらが必ずしも「もじゃべあの執筆」であるとも限りません。

それよりも、できるだけ多くの方に楽しんでいただけることの方が、私達もじゃべあの本望だったりします。

というわけで、艶が~るに携わった初期メンバー全員がまだしつこく残っている(激汗)「チームもじゃべあ」としましては、これからも皆様に愛されるシナリオを提供し続けたいと思っておりますので、今後とも叱咤激励(軽めでお願いします…)ご声援のほど、よろしくお願いいたします!